クリニックでタトゥー除去を行なう【昔の肌を取り戻すコツ】

クリニックを利用する

タトゥーの入った腕

タトゥーを消すのは難しい

タトゥーを入れる場合、皮膚に染料入りの針を打ち込んで柄を彫ることになります。そのため一度タトゥーを彫ってしまうと、通常の方法ではまず消すことができません。こういった事情があるため、本格的にタトゥー除去をおこなう場合は、クリニックで治療を受けることになります。クリニックでタトゥー除去を受けるなら、外科的な処置ができるので根本的な治療も可能になります。ただし彫り物の大きさや種類によっては、思った以上に大掛かりな治療が必要になることもあり得ます。またその治療によって残る傷跡も、広範囲に渡る可能性も考えられます。クリニックでタトゥー除去を受ける場合は、そういった事情を踏まえて受ける覚悟が必要になります。

医療機関での治療の種類

クリニックで受けられるタトゥー除去の治療法には、いくつか種類があります。受けられる治療は、患者のタトゥーの状態によっても違ってきます。まず黒一色のタトゥーを除去するなら、レーザーの照射である程度きれいに取り除けます。黒はレーザーで消しやすい色となっていますから、もっとも治療が簡単ですむというメリットがあります。またそれで消しにくいケースでは、皮膚の表面を掘削したり切除手術で取り除くことになります。この時患部が大きくなるようであれば、皮膚移植で対処することもあります。タトゥー除去クリニックでおこなう場合は、それ相応の治療費がかることが予想されます。予後の状態のことも含めて、主治医とよく相談したうえで治療を検討することが大切となります。